接続点が見えない!

右図のように本当は、2つの接続点があるのに1つしか見えない場合、パルス幅を狭くすることにより解像度を高めることが出来ます。

なお、より高解像度を必要とする場合、パルス試験器(OTDR)のユニットを高分解能タイプにすることにより可能となります。

接続点が見えない!

AQ-7146A 仕様

測定波長 1.31±0.02μm
測定ファイバ SM
距離レンジ(km) 10,20,40,80
光パルス幅(sec) 10n,100n,500n,1μ
近端デットゾーン(m) 5,20,70,120

第1接続点が見えない場合

第1接続点が200m以内にある場合、第1接続点での強い反射光により、測定出来ません。
そのため第1接続点の評価方法としては
1. 逆側より狭いパルス幅で測定する。
2. ダミーファイバを挿入し、短パルス幅で測定する。
3. 他の心線と比較して波形の頭が低い場合は、第1接続点が悪い可能性があります。

光測定機器のトップに戻る

レンタルのご注文・お問い合わせはお気軽にどうぞ

TELをタップすると電話を発信できます。

TEL:0120-91-5809

受付時間 9:00~17:30(土日・祝日は除く)

FAX:03-5821-0909

お問い合わせフォーム

初めてお取引する場合は、お客様登録が必要です。

お客様登録はこちら

  • ・郵送またはFAXでのお申し込みも可能です。
  • ・審査期間に5営業日ほどいただきます。