単心ホルダをセットする際のポイント

各種ホルダのセット方法

単心ホルダを正しくセットしないと、光ファイバの融着接続時にエラーになることがあります。
上図A,B,Cの場合は、被覆除去部をホルダの際にそろえてセットしますが、Dの場合(S121)は、ホルダの際から2.3mm出してセットします。 Dの場合と同じ感覚でA,B,Cを使用いたしますと、接続時に「オーバーラン」というエラーが出ます。

RECでは写真付きのセット方法を添付いたします

NTTRECでは、単心ホルダのレンタル時に、ホルダを入れる袋に写真付きでセット方法を書いたものを入れていますので、ご参考になさってください。

S121用単心ホルダのセット方法(その1)

さて、S121用単心ホルダには新旧の2タイプがあることにご注意ください。(最初のページのDは、旧型の場合になります。)
上段の写真はフタを閉じた状態、下段の写真はフタを開けた状態です。新型は○印の形状に着目してください。

S121用単心ホルダのセット方法(その2)

S121用単心ホルダには新旧の2タイプがあり、前ページのような形状の違いがあることにご注意ください。
左の写真は0.25単心用、右は0.9用ですが、いずれも旧型の場合は、ファイバの被覆部がホルダの際から2mm程度まで出た状態が正しいセット位置となります。

以上、単心ホルダのセット方法について、典型的な場合をご紹介しました。

光ファイバ接続機器のトップに戻る

レンタルのご注文・お問い合わせはお気軽にどうぞ

TEL:0120-91-5809

受付時間 9:00~17:30(土日・祝日は除く)

FAX:03-5821-0909

お問い合わせフォーム

Web会員ならレンタルがもっと便利に!

Web会員登録はこちら

  • ・専用画面から見積依頼・注文ができます
  • ・過去の見積もり・注文の履歴を見ることができます